ネオ古今和歌集

記事が読まれるごとに,僕に電流が流れる仕組みになっています。

デカメロン

昨今のコロナの流行とかつてのペスト大流行を重ね合わせた人は多くいるかと思いますが

文学の徒のはしくれとしては,やはりボッカチオの「デカメロン

(※デカメロン:1348年のペスト大流行から逃れるために郊外へ引きこもった10人の男女の物語)

を思い出さずにはいられません。

 

 

 


コロナがもたらしたのは混乱と自粛だけではなく

我々に新しい生活様式と価値観も植え付けていきました。

その中で「オンライン飲み会」という新しい交流方法が

普及したのは周知のとおりです。

 

 



かくいう僕も4月頃の緊急事態宣言下ほどではないにせよ

時折,友人とオンライン飲み会をして溜飲を下げているところです。

 

 



先日もオンライン飲み会をしていると,女性陣の口からふとこんな話題が上がりました。

 

 


「男の人ってさ,ほんと巨乳好きだよね~」

 

 


下世話な話というのは老若男女問わず共通らしく

あっという間に火がついて,まあ盛り上がること盛り上がること。

 


かくいう僕も童貞時代ほどではないにせよ

時折,一人でグラビアアイドルの画像を眺めて溜飲を下げているところです。

 


しかし次第にトークはヒートアップし,酒による酔いも手伝って

女性陣から「男性はすべからく脳内がエロに占拠されたサル野郎だ!HAHAHA!」

と思われているのではないか。

 

世の男性はすべからく変態野郎だと思われているのではないかと

一人勝手に義憤に駆られることとなりました。

 


僕って,こう見えても「下ネタ界のMIT」と

呼ばれるエロマンガ島大学性的理論学科で

MEA(Master of Erotic Administration)を

取得してるじゃないですか。

人一倍エロには敏感な男じゃないですか。

走れエロスじゃないですか。

 

 

探偵!ナイトスクープ」と「世界一受けたい授業」の

巨乳特集でゲストコメンテーター

としてオファー受けるくらいじゃないですか。



「エロと御世辞は使いよう」をモットーとしてる

僕は過熱した議論に一石を投じることにしました。

 

 


それはすなわち

 

 

 

 


「男性にとっての巨乳は

女性にとっての高身長である」

 

 

 

 


という理論です。

僕は研究に研究を重ねた結果たどり着いた

この理論にかねてより絶対の自信を持っていました。

かつて中学生の時分には貧乳好きを豪語する友人に対して

 

 

 

 


「じゃあバスト200と-50だったら

どっちが良い?」

 

 

 



という

 



禅問答のような謎理論

 



を吹っ掛けるほどの理論派であった僕ですから(※実話)

男性が巨乳好きに至るメカニズムをいかに

上手く女性に伝えるかに苦心し続けたことは想像に難くないでしょう。

 



ていうか,謎理論どころか,もはやバスト-50とか

 

 



陥没している

 



レベルであり,身長で例えるなら

 



地面に埋まっている

 



レベルです。

 



とにかく男性がバストに感じる魅力を

女性の顰蹙を買うことなく相手に伝えるのが

それだけ難しかったということなのです。

(ちなみに比較対象が「筋肉」でないのは

身長も胸も努力だけでは発達しないという点で共通しているからです)

 



想像してみてください。

女性にとって男性は少なくとも

自身より身長が高い方が魅力的に見える

というのは割とマジョリティな意見ではないでしょうか。

 

 

 

しかし,男性の魅力を決定的なものとするか?

と言われればまた別な話ではないでしょうか。

 



「身長が180cm以上ないと男じゃないよね」と語る人はむしろマイノリティです。

これは男性も同じで「Eカップあらずんば女性にあらず」と



平家もビックリ

 



なほど驕り高ぶる不埒者はそういないわけで

もしそんな不貞の輩がいたとしたら

顔がパンパンになるまでビンタかまし

額に「ワコール」と書いておきますので僕にお知らせください。

 



「巨乳」も「高身長」もあくまで

「オプション」であり

「オシャレ」や「面白い」と何ら変わらない個性ということなんですね。

 



ですのでね、男性が女性の胸の話を

していても暖かい目で見守って欲しいのです。

 

やってることは成田凌

いかに高身長で魅力的かについて

語るのと何ら変わらないのでね。

 

 



「彼氏との理想の身長差は13cm」は

 

 

 

「時速60kmで走る自動車の

窓から手を出した時に感じる風圧は

Dカップと同じ圧力」と大差ないんでね。

 

 



まさにコロナ禍で現代の

デカメロン」が繰り広げられる中

話題もまた文字通り

 

 

 

 

 

 

 



男性にとっての「でかメロン」であった

 

 

 

 

 



わけですが,オンライン飲み会に参加していた

男性陣も女性陣も一人熱弁を振るう僕に対して

 

 

 

 

 

 

 



若干引き気味だった

 

 

 

 



ことを,ここにご報告いたします。

 

2021.01.27 リマスター